産後 便秘

MENU

産後、便秘になりやすいのはどうして?

妊娠前はどちらかというと「快調!」だった人も、出産後便秘に悩まされてしまうということがよくあります。
「せっかくお腹が軽くなったのに、また苦しむなんて〜」と思うかもしれませんが、産後、特に授乳中に便秘になりやすいのには理由があります。
まず、第一に出産後は腹筋力が低下しているのが便秘の原因になります。
赤ちゃんがおなかの中にいる間は、腹筋に力を入れることができません。
10ヶ月もの間使われていなかった腹筋は衰えがちになっており、それが便秘の原因でもあり、おなかまわりのお肉がたるむ原因でもあります。
2番目の原因として、授乳中の水分不足があります。
赤ちゃんに授乳している間は、その分、お母さんのカラダから水分が失われていっている状態です。
そのため、便が出にくくなってしまわないよう、こまめに水分補給を心がけましょう。
また、からだバランスの乱れも便秘と関係しています。
今は徐々にホルモンの状態も回復傾向にある時期ですが、代謝の乱れなどは消化・吸収・排泄などにも大きく関わってきます。
これらの体内活動に欠かせないのが酵素の働きです。
腸内に老廃物が蓄積されたままの状態が続くと、腐敗され、毒素ができてしまい、血液循環によってその毒素が体中に分配されます。
授乳中だからこそ、おなかすっきりもしっかり心がけ、あなたにあった解決方法をみつけたいものですね。